2011年12月2日金曜日

4 ON THE FLOOR TOUR 終了

無事に終わりましてん。ツアーファイナル。全11公演。最後のワンマンもアッという間に終わってた。それだけ楽しかったってことだと思う。

今だから言えるけど、個人的に最初というか、ブッキングしてる時点では本当に辛くて辛くて、何で俺が!って毎日思ってて、愚痴も嫌ってくらい出たし、誰に相談していいかもわからないし、凄く孤独だった。リリースに関しても同じで、本当になんでこんな辛い思いまでしてやってるんだろうって毎日毎日思ってた。ほとんど寝れない日もあったし、不安で押しつぶされちゃいそうだった。

ただ、Play decibelの仲間やバンド仲間、ライブに足を運んでくれるみんな、CDを手に取ってくれたみんな、もちろん今まで近くにいてくれたスタッフも、色んな人が俺らを支えてくれてるってことに気がついて、気持ちが楽になりました。お前、そんなこと今更かよ!ってみんなは思うかもしれないけど。

11月30日にSEが鳴って、シェルターのステージに出てフロアを見て、全て報われたというか、間違ってなかったんじゃないかなって。

ツアーファイナルが終わって、少しだけ、本当に少しだけ人間として大きくなれた気がします。

俺からみんなに出来ることは感謝くらいしかないんだけど、それでもありがとうって伝えたい。いくら言っても伝わらないかもしれないけど、伝わるまで言い続けたい。本当に本当にありがとう。

不細工でも格好悪くてもいいやなんて昔はこれっぽっちも思ってなかった。今はそれでもいいと思える。

迷ったって辛くたって悩んだって、俺には音楽しかないんだってことね。

「今日で終わりなのか始まりなのかわからない」ってステージで言った言葉は今でも答えがわからない。でも、それでいいんだ。答えはいつの日かきっとわかる。

俺はそれでも前に進むんだ。そう思えたからここに記しておきます。

ステージからのフロアの景色、最高だった。きっとフロアからのステージも最高だったと思う。

また、ワンマンやりたいね。最高のダンスロックを作ってさ。その時までダブルアンコールは待ってて下さい。笑

おやすみ。