2013年12月11日水曜日

uchuu,「Weltraum;Gate」


本日、俺の主宰のレーベルPlay decibelよりuchuu,の1st mini AL「Weltraum;Gate」がリリースになります!

レーベルとしての全国流通盤はヘアブレの「4 ON THE FLOOR」以来になるので
久々。色々バタバタしましたが(苦笑)無事に今日リリースすることが出来ました。皆様、ぜひによろしくお願いします。記事の最後に試聴出来るようにSOUNDCLOUD載せときますのでまずは聴いてみて下さい。

今日は個人的に今回のリリースに寄せて少々。大多数の人に向けてってよりはレーベル所属のバンドであるuchuu,へ向けて。そしてなにより俺の大事な友人の初リリースに対して。

uchuu,とはヘアブレ後期から仲良くしてて。なんで仲良くなったかは思い出せないw いっつもいっつも大阪では一緒にライブをしてた。Kくんとerikoは音楽に真摯に向き合ってるイメージ。時にはそんなその真摯な姿勢が苦しめてるんじゃないかな?って思うくらいに。

ヘアブレが活動休止して、少し距離が遠くなってた今年の夏。uchuu,のライブを観に行って、今までと少し違う風に感じれた。今まで以上にバンドになって音を出してた。ステージからこれでもかってくらいに何か発してた。初期衝動に近い何か。ライブが終わって、きっと今なんじゃないかって思った。

「ウチからリリースしよう」

「いいっすよ」

これだけで十分だったよね。

そこから猛スピードで動いた。年内にリリースしたいってメンバーの意思を最大限尊重。その時点でRecも販売先も決まってなかったからめっちゃ大変だったなぁ。全ての納期いっつもギリギリだったなぁ。沢山の人に協力もしてもらった。本当に感謝してもしきれないくらい。

全6曲。バンドの熱量もきっちりパッケージされてる。表現の方法もいくつも詰め込んでいる。悩みも苦悩も葛藤もバンドの楽しさも躍動感もメッセージもこれでもかって1枚に収録されてます。何よりKくんのアーティストの才能、ボーカリストとしてのメッセージが綺麗に表現されてる。uchuu,の強さはそこだと俺は思う。

Kくんの描く世界が他とは一線を画す。その世界を1人でも多くの人に触れて欲しいと思うんだ。今回収録してない曲にもまだまだすげー世界を描いてるから、今作を聞いて次のステージを想像して欲しい。CDを手にしてくれたみんなも、uchuu,のメンバーも、そしてKくんも。世界は無限だ。俺はそう思う。だから「uchuu,」ってバンド名も説得力がある気がする。いつか本当に宇宙を描いてしまうんじゃないかって思わせてくれる。

時には2人でライブをやってたりもしたよね。そこに新しいメンバーが入って現体制へ。その過程を俺は知らない。でも幾多の苦悩があったと思う。それを乗り越えて今がある。これからもきっといくつもの試練があるさ。でも、きっと乗り越えていけるよ。

そんなバンドだから信用出来るし、応援したい。

まぁ、友人がレーベルに所属すると仕事の話が多くなる。今までとは少し接し方が変わる。いつかKくんが「友達としてもゆっくり話したいっすね」って電話で言ってくれたのが凄く印象に残ってる。そう、俺たちは友達なんだ。友達が作った最高のCDを自分がリリースするって素晴らしいことだと思うんだ。

「手を伸ばせばそこに、踊れる音楽」

これはレーベルコンセプト。みんなに対してこういうレーベルですって説明でもある。でも、自分に対しても同じ事だ。俺のまわりには本当にカッコいい踊れる音楽が溢れてる。バンドだってDJだって関係ない。俺も手を伸ばさなきゃ。誰よりも先に。もっと仲間を増やして世界を変えたいんだ。それが例え小さい世界でもいい。Play decibelってレーベルは本当にカッコいい音楽で溢れてるレーベルにしたいんだ。俺と一緒にリリースしたいって思ってくれる人はいつでも連絡して欲しいよ。

今回は俺が手を伸ばして、一緒に作品をリリースしたいと言ってくれたメンバーに本当に感謝している。もしかしたらもっと大きなレーベルからリリース出来たかもしれないんだから。

そして何よりもuchuu,のCDを手に取ってくれたみんな。本当にありがとう!そのCDが今の季節にリンクしてみんなの中で永遠に鳴り続けて欲しいと願ってます。

最後に、メンバーのみんな、本当に本当にリリースおめでとう!次はワンマンだ!絶対成功させよう!

そして、友達としてリリース打ち上げしよう!いっぱい美味しいお酒を飲んで馬鹿みたいな話をしよう!もちろん、俺が奢るからw